home

インテリアに凝って作りあげるデキる男の部屋

デキる男の部屋 大人の男である以上、自分の住まいはインテリアにもこだわりを見せたいものです。居心地や清潔感はもちろん大切でしょう。大人の男なら、部屋のインテリアで、演出したい自分の印象まで表現できたらいいですね。

インテリアのセンスがよければ、家へ招いた同僚や女性の、あなたを見る目は一気に変わるでしょう。部屋はその人を映す鏡のようなものです。生活の好みだけでなく、あなたの人生観までインテリアで表現してみましょう。

部屋づくりを本格的に学ぶには、インテリアコーディネーターの資格勉強をするのが1番です。講座へ通ってもいいですし、通信教育でもコースを履修することもできます。インテリアコーディネーターを目指すのも、男性としてはとてもおしゃれな趣味です。

そこまでしたくないという人は、部屋づくりはプロに協力してもらうといいでしょう。大手のインテリアショップでは、コーディネーターが常駐しています。何回か足を運んで、演出したい雰囲気に一番近いパターンを決めましょう。

インテリアコーディネートは、時間と費用をかけて作り上げるセンスの問われる趣味です。家具のことを少しずつ勉強しながら、納得できるものを1つ1つ探して集めましょう。

ミッドセンチュリー風で仕事のできる男を演出する

仕事熱心で硬派な男を演出したいなら、ミッドセンチュリー風インテリアはどうでしょうか。

ミッドセンチュリーとは、20世紀半ばにアメリカで生まれた、機能性重視のシンプルモダンなスタイルの家具のことです。 角ばったところがなく、曲線で構成されているので、家具自体が柔らかな印象です。その反面、デザインに遊び的要素が一切ないため、うかつな家具選びをすると部屋が寒々しい事務室のような雰囲気になってしまいます。 あなたが凝り性なら、アンティークショップに声をかけて、本物のミッドセンチュリーをぜひ探してみてください。

たとえばハーマンミラー社の製品は、いまもコレクター垂涎の的です。座り心地がよく、見栄えも抜群のシェルチェアはぜひ欲しいところです。さすがにそれは予算オーバーだというときは、リプロダクト製品を探してもいいでしょう。

本物でなくてもいいから、ミッドセンチュリー風の品質のいい家具が欲しいという場合は、カリモクの国産家具がお勧めです。60年代のデザインを復刻したカリモク60シリーズは、レトロ感もあるうえ使いやすく、とくに人気があります。

壊れたときやソファーに穴があいたときでも、会社へ連絡すれば修理に応じてもらえるのもカリモクのいいところです。 ミッドセンチュリーを上手に配置すれば、アメリカのできるビジネスマンの書斎のような雰囲気に、お部屋を変えることもできます。

アジアンモダン風で余裕のある男を演出する

アジアンモダンとは、アジア各地のインテリア様式を組み合わせたインテリアスタイルのことです。このスタイルでは、プラスチックや金属は極力避け、天然木やラタンだけで組み上げた素朴な家具を多く使います。

リゾート地のようなやすらいだ雰囲気に室内を整えたいときに、アジアンモダンは最適です。このスタイルで部屋を統一していると、おおらかな人が住んでいるかのような印象を与えます。

背の低い家具を集めたロースタイルにし、床にアジア風の模様がはいったカーペットを敷くのもお勧めです。籐網の丸い座布団を置いておくと、日本人らしく床に直座りもできるので、住み心地も格段によくなります。

アジアンモダンの家具には粗悪なものも多いので、買う前にじっくり点検しましょう。部屋が暗い木の色中心になりますから、ところどころにアクセントも置く工夫も必要です。籐細工のついたてを置いたり、アジア風の派手めなファブリックを飾ったりすれば、雰囲気がぐっと明るくなります。 うまくコーディネートできれば、家へ仕事を持ち込まない、余裕ある男性の部屋を演出できます。

アンティーク風で高級感のある生活を演出する

アンティーク家具をうまく配置することで、できる男の高級感のある住まいを作ることができます。 できればイギリス風のアンティーク家具を探しましょう。安っぽさや軽々しさのない、オーク材かマホガニーでできたものが理想的です。18世紀風の猫足キャビネットを1つ置くだけでも、お部屋の中に高級感が漂います。

インテリアをすべてこのスタイルで統一できれば理想的ですが、いい商品がすぐに手に入るともかぎりません。あせらずに、時間をかけていい家具を1つずつ集めるくらいの気持ちで、アンティークのお部屋は作りましょう。

イギリス風のアンティークスタイルにするなら、ソファー選びは慎重になる必要があります。ソファーはお部屋の印象を決定する家具ですから、少し高くなっても、渋い光沢のあるアンティークレザーを使っているものを探しましょう。

派手な照明器具は取り外し、アンティーク調の落ち着いたシェードランプに交換するのも忘れてはいけません。窓には、重厚感のあるドレープのついたカーテンがよく似合います。

あなたが心を込めて作り上げた部屋は、きっとイギリス人の別荘のような高級感のあるものになるはずです。時間をかけてインテリアを選びながら、アンティークを見る目も養うことができます。