home

今からでも遅くない!目標は楽器のできる男

楽器 子どもの頃に楽器でも習っておけばなあと、だれでも1度くらいは考えたことがあるのではないでしょうか。 楽器の習得は、いまからでも遅くはありません。仕事や家庭が落ち着いてきた年齢の方々の間では、楽器を習うことが小さなブームになる気配すらあります。楽器ができる大人の男になりたいなら、いま思い切って初めてみましょう。

子どもに交じってレッスンを受けるのは、男性の方は恥ずかしく感じるかも知れませんね。ちかごろは、成人向けの音楽コースを別に設置している教室もたくさんあるので、こういう教室を利用するといいでしょう。

楽器によっては、成人してから始めた人たちで作る社会人の演奏クラブもあります。 これからの生涯の趣味にできるように、憧れの楽器にぜひ取り組んでみてください。

大人になってからでも楽器は覚えられる

楽器なんて、飲み込みの早い子どもだから覚えられるものだと思っていませんか。子どもの学習能力が高いのは確かですが、大人でも演奏を覚えることはできます。子どもさんのように、すらすらとは身につかないというだけのことです。

音感を習得できるのは子どもだけだという人もいます。でもこれも間違いです。大人でも、注意深く音符をたどる訓練をすれば、かなり正確な音感を身につけることができます。

そもそもプロでもないかぎり、わずかな音の狂いまで聞き分ける必要はありません。趣味で楽しむのなら、楽器の調音はチューニング用の機械に任せれば十分です。

大人の趣味では、自分が好きな楽器を、好きなときに奏でられることが大切です。仕事が忙しいときは、無理をしてまでレッスンに通う必要はありません。後から遅れは取り戻すことができますから、あせらずに続けるようにしてください。

とにかく続けてさえいれば、1年後には大人でも簡単な曲が弾けるようになっているでしょう。そして次の1年は、別の曲に取り組みます。1年で1曲を習得するくらいのペースで続けても、定年を迎えるころにはかなりの腕前になっているのではないでしょうか。 何歳から始めても、楽器のできるすてきな大人の男性を目指すことはできます。

ピアノを習って曲が弾ける達成感を手に入れよう

ピアノは、大人になってからでも習いたいという人がたくさんいます。子どものころに習っていたけど辞めてしまったとか、いつか習いたいと思っていたけど時間がなかったという人が、余裕のある年齢になって決心することが多いようです。

こんな年になるまでできなかったという思いが、逆にレッスンの励みになります。ピアノ教室へ通う大人の生徒さんは、習得への熱意では子どもの生徒をはるかに上回っているそうです。

通う教室を決めるときには、コースをよく確認しましょう。子どもさんに混じって習うコースは、大人にはお勧めできません。大人の初心者専用のコースか、完全な個人レッスンを申し込むほうがいいと思います。

大人は、これから音大を受験したりするわけではありません。基礎や運指を徹底的に身につけることも確かに大切でしょう。しかしもっと大切なのは、自分で曲を弾く喜びを感じることです。

子どもの生徒と同じだけの時間を、基礎と運指練習のために費やすのは、大人にとってはあまり意味のないことです。 基礎と平行しながらでも、なるべく早い時期に楽曲に取り組めるように先生に相談してみるといいでしょう。幸いピアノには、初心者でもなんとか弾ける曲がいくつかあります。

達成感がないと、大人の趣味はなかなか続きません。多少未熟なところがあっても、1曲マスターできたという達成感が、継続へのモチベーションになります。

人目を引きたいならマンドリンをマスターしよう

どうせゼロから始めるなら、珍しい楽器を選んでみるのもいいと思います。 たとえばマンドリンなどはどうでしょう。男性なら軽く抱えることができる、小さくて軽いイタリアの弦楽器です。国産もありますが、輸入楽器でも20万円程度で購入できます。

マンドリンを子どもの頃から習っていたという人はあまりいません。演奏の基礎技術が比較的短期間で習得できるため、マンドリンを習い始めるのは社会人が圧倒的に多いようです。

クラシックギターを習うときのように、マンドリンの場合も、最初は運指練習が大切です。ただクラシックギターと違い、弦を弾く右手は、指ではなくピックを使います。マンドリンの場合は、右手の動きはその分だけ単純といえそうです。

しっかり練習しなければいけないのは、トレモロという動作でしょう。ピックを上下に細かく震動させて、小刻みな音を連続して出すのがトレモロです。

プロ奏者のようなトレモロを習得するのはたいへんですが、ひととおりの技術なら、大人でもわりとすぐに身につけることができます。 マンドリンなら、習い始めて半年くらいで曲が弾けるようになるでしょう。

またこの楽器は、1人で弾くよりも、何人かで合奏するのに向いています。ある程度弾けるようになったら、社会人のマンドリンクラブを探して加入してみてはどうでしょうか。同じ趣味を語らえる仲間がいると楽しいですし、モチベーションアップもできます。

定期演奏会などをクラブのメンバーとやり遂げると、大きな達成感もわいてくるでしょう。マンドリンを趣味にすれば、楽器を弾きたいというあなたの夢が叶うだけではありません。生涯にわたって付き合えるかもしれない、大切な仲間まで手に入れることもできます。 大人が楽器を始めるときは、大人なりの楽しみがあります。遅すぎるかもと心配したりせずに、自分のペースで続けましょう。