home

季節の移り変わりを感じられる園芸

園芸 子供の頃は公園で毎日のように遊んでいるうちに、植物の成長を目にするのが当たり前でした。タンポポが咲けば春だな、と思い、逆に木々の葉が落ちれば、冬の訪れを感じた人も、多いのではないでしょうか。

しかし、大人になると毎日の生活に追われて緑をゆっくり眺めることも、季節の変化を感じる場面も少なくなります。園芸を始めれば、植物の世話をすることで季節の変化を実感することができます。

男性の園芸というと、年配の方が嗜むことが多い盆栽を、イメージする人が多いでしょう。 しかし、バラやチューリップなど女性らしさをイメージする綺麗な花やハーブを育てる園芸を楽しむ男性が、若い年齢層を中心に増えています。

植物の成長を目にする感動

バイク、クルマ、ゴルフ、ギターなどいわゆる男性らしさがよく現れる趣味は、お金がかかるものが多いです。始める前の初期投資もそれなりの額がいるので、合わなかったらどうしようという考えが頭をよぎり、なかなか挑戦できません。その点、園芸は初期費用がかからない趣味です。ホームセンターでプランターと苗、土など一通り必要なものを用意しても、特別に拘らなければ5000円もかかりません。

そして、園芸の魅力は植物の成長を通して感動できることです。ショップで植物を購入すると、ほとんどの場合が苗をポットから花壇やプランターなど、その植物のために用意した場所へ植え替えます。まずこの植え替えがドキドキの作業。というのも、植物にとって慣れたポットから引き抜き、新たな場所にお引っ越ししてもらうわけですから、植え替えたばかりの頃は当然ぐらぐらしています。

このまま根を張らずに枯れてしまうのでは、と心配になります。大きく成長する種類の植物を、小さい苗で購入すれば本当にきちんと成長するのだろうか、と不安になる人もいるでしょう。

そんな不安の中、水や肥料を適量与え、場合によっては虫を取り除くと献身的に世話をしていくうちに、購入した苗は新たな居場所に根付き、元気を取り戻していきます。

そして、ポットの頃とは比べものにならないくらい、活き活きと成長するのです。すくすくと成長した苗が花を咲かせ、実を結ぶ瞬間は、それまでの献身的な世話が報われる瞬間。愛情を込めて世話した苗が、立派に成長した姿に、大きな達成感が得られるのです。

ベランダでも園芸は楽しめる

植物には、土と日当たりが必要です。そのため、園芸を趣味にするためには庭がある一戸建てでなければ、楽しめないというイメージがあります。

確かに、日当たりが良く、広さがある庭に比べれば育てられる植物の幅は狭まります。しかし、それは戸建ての庭も同様で、畑のような、土と日当たりたっぷりの場所でなければ、育てられない植物もあります。つまり、戸建て、マンションに関わらず、今ある環境で育てられる植物を選べば良いのです。

ベランダの園芸であれば、プランターを利用して植物を育てます。植物によってプランターの大きさを選ぶことができますし、日当たりの悪さは肥料を多めに与えることで解決します。大きめのプランターに季節の花々を植える寄せ植えも、彩りが楽しめて素敵です。

全く園芸知識がない状態であれば、店員に相談しながら苗を選んでもいいでしょう。比較的育てやすい植物や、季節に合った苗を選んでくれます。

また、料理を楽しむ人はハーブから挑戦するのもオススメ。ハーブはヨーロッパの野草全般を指すので、丈夫なものが多く、野菜と違って花も楽しめて一石二鳥。収穫してサラダの彩りや香り漬けとしても使えるので、料理の幅が広がります。

苗は数百円とリーズナブルなものが多く、ついあれもこれもと目移りします。ほんの少しだけ、と始めたつもりの園芸が、楽しみを知るうちに、じわじわとプランターの数が増え、ベランダや庭いっぱいに色とりどりの花が咲き乱れるかもしれませんね。