home

コーヒーは豆からこだわって、至福の一杯を淹れよう

コーヒー 仕事に休日に、作業の合間にひと息つくときに欠かせないコーヒー。貴重なリラックスタイムを楽しむためのものなのに、忙しいとついインスタントや缶のコーヒーでささっと済ませがちです。仕事やなんらかの作業の途中などの、忙しいときは仕方ないですが、ゆったりと時間を過ごしたいときに、缶コーヒーやインスタントコーヒーでは味気ないと思いませんか?

コーヒーなんて、どれも同じと思うかもしれませんが、それは大間違い。特に男性はコーヒーに入れるミルクや砂糖を女性よりも少なくする傾向があるので、コーヒーそのものの味を感じやすいです。ですから、コーヒーに対する拘りが、そのまま美味しさに直結します。コーヒーが美味しければ、ゆったりと過ごす時間がもっと楽しめます。ここでは趣味としてのコーヒーの楽しみ方を見ていきましょう。

お気に入りのコーヒー豆を探そう

コーヒーは、インスタントコーヒーのように、お湯を注ぐだけでもできますが、せっかく趣味として拘るならドリップコーヒーを楽しみたいところですね。今は専門店に足を運べば、豆の種類や産地などの基本的な状態だけでなく、粉か豆かも選ぶことができます。

豆は当然、ドリップするために挽いて粉にする必要があります。コーヒー豆を挽くにも専用の機会があるので、まずは粉にしてもらって少量ずつ購入するといいでしょう。

というのも、コーヒーは豆から粉に挽いておくと、どんどん香りや風味が飛んでしまいます。味や香りが劣化したコーヒーでは、どんなに丁寧に淹れても美味しくできません。粉の状態のものを購入する場合は、2週間を目安としてできるだけ早く使い切れる量にしましょう。香りが飛ばないように、密閉容器に入れて、冷蔵庫での保管がベターです。

量り売りしている店舗であれば、適量を購入することができます。量り売りしている店舗は本格的な店舗であることも多く、販売されているコーヒーの種類も多いです。品数が豊富な分、何を選んだらいいか悩ましいこともあるかもしれませんが、その場合は店員に聞けば味の特徴を答えてくれるので、コーヒー選びの参考になります。

ただ、人間が感じる味というのは複雑で、酸味1つとっても、目が冷めるようなキリっとした酸味もあれば、口内が爽やかになるものもあります。店員から聞く豆の特徴は、参考にして、後は自分の舌で好みのコーヒーを見つけてください。

サイフォンでコーヒーを淹れる魅力

好みのコーヒーが見つかったら、後はいよいよ淹れるだけ。しかし、この淹れる作業についても、一通りではなく奥深いのが特徴。シンプルにお店で挽いてもらった豆を、ペーパードリップで淹れて楽しむのもいいですが、様々な器具を駆使して、敢えて手間暇をかけてコーヒーを淹れてもいいでしょう。

コーヒーミルで豆を挽くところから始めることで、時間はかかりますが、より新鮮な風味が味わえます。そして、サイフォンを使ってコーヒーを抽出することによって、コーヒーができあがるまでの時間が長くなります。

コーヒーの抽出時間が長くなる、というのは一見するとデメリットのように感じますが、コーヒーを淹れる時間そのものをじっくりと楽しめるメリットがあります。コーヒーに拘る人にとっては飲むだけでなく、淹れるプロセスも楽しみなのです。

部屋いっぱいに広がるコーヒーの香りを楽しみながら、できあがりを待ち遠しく思う時間があってこそ、コーヒーをより美味しく感じられるようになるのです。また、サイフォンは抽出時間が長いものの、人の手を加える部分が少なく、抽出テクニックによる味の変化が小さくなります。

そのため、豆の味の比較が用意で、気分に合わせてコーヒー豆を選ぶ、ということが可能になります。その場その場で選りすぐったコーヒーを飲みたい人は、コーヒーショップへ足を運んでみてはいかがでしょうか。きっと、コーヒーが安らぎのひと時を、より豊かにしてくれるでしょう。