home

意外に簡単!クラシックやジャズを楽しむ方法

クラシックやジャズ ジャズもクラシックも、初心者には近寄りがたいジャンルのように見えます。カラオケくらいしかやってこなかった男性には、こうした音楽はとくに遠い存在です。

とはいえ大人の男性なら、こういう音楽に対する知識が少しくらいあってもいいでしょう。 ジャズもクラシックも歴史のある音楽ジャンルです。伝統ある音楽のよさがわかる人は、それだけ深い教養を持っているように見えます。こうしたジャンルに理解を示してこそ、若い男にない魅力を大人の男性は発揮できるのではないでしょうか。

こうした音楽を趣味にするのに、本を読んで勉強する必要はありません。 自分の好きなものを好きなやり方で聞いていれば、ジャズやクラシックもいつの間にかあなたの趣味になるでしょう。特別な知識がなくても定番曲さえおさえていれば、なんだか造詣が深い人のように見せかけることもできます。 初心者なのだからと開き直って、むずかしいことを考えずに聞き続けられる方法を探しましょう。

定番の国立ミュージアムで鑑賞力を身につける

まるで知らない曲を買っても、それをぜんぜん好きになれなかったらがっかりです。世間の評判やCD売り上げランキングは、初心者にも参考にはなります。でもファン歴の長い人たちの趣味が、初心者にもわかるとは限りません。

クラシックやジャズの専門誌で話題になっているものよりも、とにかく自分が知っている曲をまずは選んで聞いてみましょう。テレビCMや映画の中で使われていた曲で、自分の印象に残っているものがあれば、まずはそれを狙ってみてください。

ドラマや映画なら、エンディングロールで曲名が出ているはずです。CM曲もネットで検索すれば、案外簡単に情報が手にはいります。 テレビCMで使用されたクラシック曲、あるいはジャズ曲を収録した、便利な企画CDも発売されています。初心者には嬉しい商品ですが、これを持っているだけでは、ジャズやクラシックを趣味にしていると胸を張ることはできません。

これらは、CMで使われた有名な楽章ばかりを詰め込んだCDだからです。以前聞いた、あの曲の名前が知りたいなというときには便利な商品ですが、どの曲もサンプル程度の時間しか楽しめません。

とはいえ初心者にとって大切なのは、昔聞いて、好きになれそうだと感じた曲の名前をつきとめることです。こうした入門CDで知りたかった名前がわかったら、今度はそれを丸々1曲購入しましょう。 すでに知っている曲をきっかけにすれば、ジャズやクラシックの世界へも、安心感を持って入っていくことができます。

企画展が狙い目!地方美術館のよさに目覚める

ジャズはとても奥の深いジャンルです。でも初心者でもなんとなくわかる、という曲が多いのもジャズの特徴でしょう。ディープなレベルまで行こうとしなければ、適当なジャズ通を気取るのはそれほど難しくはありません。

初心者に嬉しいのは、スタンダードだけでもかなりの曲数があることです。 抜群に知名度の高い「ワルツ・フォー・デビー」や「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」あたりから始めて、スタンダードナンバーのコレクションを少しずつ増やしていくといいでしょう。ジャズを趣味で聞くには、スタンダード以上のレベルはあまり必要ありません。

有名なジャズ奏者の名前も、いくつか覚えておくといいでしょう。ジャック・モントローズやジミー・ウッズといった名前を会話の中で使えるようになると、かなりのジャズ通に見せることもできます。

チェックしておきたいのは、女性とのデートのときに流すといいジャズ・ナンバーです。 ジャズといえば大人向けの音楽。親しい女性とあと1歩深い関係になりたいときに、ムードたっぷりの大人のジャズをさりげなく流せば、彼女もその気になってくれるかも知れません。

「ムーンライトセレナーデ」などは、ムードを盛り上げるときに使う定番曲です。ふたりの気分を高めるジャズの効果で、ベッドの上で激しく二人を燃え上がらせるかもしれません。

せっかくの夜なのに体調がいまいちという男性は、バイアグラ等ED治療薬を事前に飲んでおいてもかまいません。もしコストが気になるようなら、より手軽なジェネリック品をクリニックで買い揃えておいてはどうでしょうか。

テーマのある個性派ミュージアムを訪ねる

1曲がとにかく長いクラシックは、音楽素人にとってはジャズ以上に近寄りがたい存在です。同じ曲でも、指揮者の違う何枚ものCDが発売されていて、正直どれを買えばいいのかわからなくなります。

クラシック界にはアイドル奏者がかならずいるのをご存知ですか?特定の曲にこだわるよりも、好きなアーティストを見つける方が、クラシック音楽を身近に感じることが出来るかもしれません。

ピアノ奏者ならランランやユッセン兄弟、牛田智大、ヴァイオリン奏者ならチャーリー・シエム、五嶋みどりなどをまずはチェックしてみましょう。

クラシック界では、若く才能ある奏者が毎年のようにデビューします。本当のアイドルのように、一時の人気だけで消えてしまう人が多いのも確かです。でも次々と現れる才能をチェックしていると、クラシックに興味がわいてきます。 ジャズやクラシックを趣味にするには、むずかしく堅く考えないことがとにかく大切です。