home

大手メーカーだけじゃもったいない、奥深いビールの世界

ビール 居酒屋はカクテルや焼酎などさまざまなジャンルのお酒がありますが、王道中の王道と言えば、やっぱりビールですよね。「とりあえずビール」というお決まりのフレーズは、よく耳にしますよね。

しかし、1番最初に注文するお決まりメニューなのに、居酒屋で注文できるビールはほとんどが1種類。注文するときも、「生!」というだけで意味が通じます。居酒屋や大手メーカーのビールを見ただけでは、あまり種類がないような気がしますが、実はビールは細かく分類すると100種類以上あるのです。居酒屋だけではもったいない、ビールの奥深さを紹介します。

そもそもビールって?

そもそもビールとは、ホップ、水、麦をメインの材料とした醸造酒。これらの主な材料の他に、発酵方法や、米、コーンスターチなどの副原料の使用方法、色などに基づき、細かく分類されています。しかし、大手メーカーが製造しているビールのほとんどは、ピルスナーという種類が主流。輝くような黄金色と柔らかな泡が特徴で、夏場にキンキンに冷やしたものを一気に飲むとたまりません。

ただ、温くなると喉ごしやキレが失われるので、よく冷えたうちにがぶ飲みするのが一般的です。ピルスナーは、1842年にチェコで確立された比較的新しいスタイル。それなのに日本でここまで広く普及したのは、チェコの水が日本と同じ軟水だったため、国内生産がしやすかったのが1つの要因です。そしてもう1つが、ピルスナーの発酵方法がラガーであるということ。

ラガーとは伝統的な発酵方法のエールと異なり、新しい発酵方法で、大量に均一の質を保ったまま製造できます。大量生産に適した製法のため日本に限らず、大手メーカーの主流がラガービールとなり、世界的にピルスナーが多く飲まれているのです。

ワインのように味わいを楽しむエールビール

大手メーカーのような大量生産が必要な場合にぴったりのラガービールですが、クラフトビールを製造する小規模のブルワリーでは、エールビールが主流。エールとは伝統的な製法で、出来上がりはラガービールよりも濃厚なのが特徴です。

喉ごしやキレを楽しむラガービールに比べて、エールビールは温くなっても美味しく、ワインのように味わいや香りを楽しめます。エールビールは小規模のブルワリーが製造しているので、ブルワリーによってさまざまなスタイルのビールがあります。全てを紹介しようとするとキリがないので、比較的エールビール初心者にオススメのスタイルを2つ、見ていきましょう。

1つ目がペールエール。ペールエールはラガーのピルスナーと同じように、エールビールのスタンダードとして定番です。ペールとは色が薄いという意味がありますが、ペールエールは鮮やかなオレンジ色。ピルスナーと比べるとかなり色は濃いものの、他のエールビールに比べると色のトーンが明るいのが特徴です。

2つ目がヴァイツェン。ヴァイツェンとは、白ビールの1種でドイツ語で小麦を意味します。ヴァイツェンは、原料となる麦のうち、半分以上が小麦。通常は大麦を使用するのですが、小麦にすることで苦味が薄れ、甘みがある独特の味わいになります。ビールは苦手だけれど、ヴァイツェンだけは飲めるという人もいるほど、他のビールとは一線を画するテイスト。ビールの苦味が嫌い、という人にも1度は挑戦してほしいスタイルです。

日本地ビール協会のガイドラインでは、ビールのスタイルは105種類。これだけ種類があるのに、喉を潤すためにごくごくがぶ飲みするだけではもったいない、と思いませんか?実際、ビールの種類や、作り手によってその味や風味は驚くほど変化します。

大手メーカーでもプレミアムと名がつく高価なビールは、エールビールという場合もあります。大手メーカーのビールは比較的どこでも手に入りやすいので、エールビールの入り口として楽しんでみてもいいでしょう。大手メーカーのエールビールが美味しいと感じたら、リサーチしてクラフトビールに挑戦してください。あまりの奥深さに取り寄せしたり、ブルワリーに直線足を運んでみたくなるかもしれません。