home

大人な陣取りゲーム?サバイバルゲームをやってみよう!

サバイバルゲーム サバイバルゲームはエアガンを使ってお互いを打ち合う戦争ごっこともいえる遊びです。では実際にどのようにして遊べばいいのでしょうか?

どんな遊び?

基本的なルールはフィールドと呼ばれる敷地内で敵味方2チームに分かれて行います。最も一般的に行われているのが敵の旗を取り合うフラッグ戦というもので、陣取りゲームや缶蹴りに近いものと思ってもいいです。違うのはその場所に行くまで互いにエアガンで打ち合うことになります。その為いかに身を守りながら相手を排除して先に進むかが重要になります。

球があったった場合はどうなるかと言うと球がヒットしたことを自己申告し戦線離脱することになります。その後はフィールドから退場します。ルールによっては一定時間退場し再び参戦するといったルールもあります。公式なルールではありませんが1ゲーム10分から15分間程度でフラッグを取るか、相手を全滅するかでゲームは終了です。この他にも味方は一人だけのバトルロワイヤルや一方を攻撃、一方を防衛とした防衛線などのルールもあります。

サバイバルゲームの楽しみは?

先ほども言ったように子供の頃にやった缶蹴りや陣取りゲームなどの遊びと共通する部分があるためそこに面白さがあります。

身を隠しながら相手に見つからないように攻撃をしなければいけない緊張感もあり、なんといっても力押しだけでは勝てないためチームやルールによって戦略を練る必要がありますので体力だけでなく、頭も使う必要があります。そのため体力のない人でも比較的遊べることから女性のプレイヤーも増えています。

やってはいけないこと!

ただしルールやマナーも厳しいものがあります。ヒットした場合は嘘をつかずに申告する必要もあります。これは最悪参加拒否をされる場合もあります。ルールによって違いはありますが至近距離での発砲や格闘戦もケガにつながるためダメです。威力の強すぎるエアガンは使用禁止でゲーム開始前に威力のチェックを受けなければいけません威力が強すぎる銃は使用禁止です。

これは過去に威力の強いエアガンを使った事件があったため銃刀法が改正したことに由来しています。この他にもマナーとしては迷彩服で、エアガンを裸で持ち歩かないやゲーム以外ではエアガンの銃口にキャップをはめる、不用意に相手に向けない、弾倉を抜いておくといったマナーがあります。

必要なものは?

遊ぶには当然ですがエアガンが必要になります。一般的な価格ではアサルトライフルの仕様で4万円ほどです。しかし最も重要なのは目を守るゴーグルです。これがないと最悪目を失明してしまう恐れがあるので必ず必要になります。後は特に指定はありませんが長袖長ズボンの動きやすい服や靴に帽子、手袋などがあった方がいいです。

外で遊ぶことの多いゲームなので転倒などのけがを防ぐ役目もあります。遊ぶ人の中には本格的な迷彩服や各国の軍隊の服や第二次世界大戦時の衣装を着て行う人もいます。ゲームを行う場所については現在各地に周囲の安全が確保されている有料のフィールドが設置されているため、そこで行うようにしましょう。

エアガンの所持が基本的に18歳以上でもあることから大人の遊びとして広まっています。意外と激しく動きますので運動不足を改善するのにもおすすめです。ちょっと趣味をと思う大人の方はぜひ遊んでみませんか?