home

サイクリングを趣味として定着させる!

サイクリングを趣味として定着させる!サイクリングを始める方が多いのですが、途中で止めてしまう方も多いのです。しかし、止めてしまった方を「無精者」の一言で片づけてはいけません。意志が弱いというわけでもないのです。

サイクリングを長く楽しめる趣味として定着させるには、「初心者が知っておくべきポイント」があるのです。それを無視してしまうと、上記のように「止めてしまう…」という結果に終わる可能性が高いでしょう。そこで、サイクリングを趣味として定着させるポイントを紹介していきます。

形から入っても良いが…

サイクリングを始める方が多いのですが、途中で止めてしまう方も多いのです。しかし、止めてしまった方を「無精者」の一言で片づけてはいけません。意志が弱いというわけでもないのです。

サイクリングを長く楽しめる趣味として定着させるには、「初心者が知っておくべきポイント」があるのです。それを無視してしまうと、上記のように「止めてしまう…」という結果に終わる可能性が高いでしょう。そこで、サイクリングを趣味として定着させるポイントを紹介していきます。

形から入っても良いが…

「形から入るタイプの人」もおられます。サイクリングを始めようと、ウェアをバッチリ揃える方々です。もちろんそれでも良いのですが、「形だけにこだわる=ファッションを楽しんでいる」であり、決してサイクリングを楽しんでいるとは言えません。

一方、クローゼットの中から「動きやすい服を探す」というのも考えものです。それではただの移動手段と変わらない雰囲気であるため、安いウェアを数着だけ購入しておきましょう。ポイントは「目立ちすぎないデザイン」を選ぶことです。初心者なのに目立つファッションをしても、結局はサイクリングを楽しんでいることにはならないことを知ってください。

自転車選びのポイント

ここが最も大きなポイントです。これに失敗すると止めてしまう可能性がとても高くなるのです。

一般的に、サイクリング用の自転車はママチャリより高額です。しかし高額であることを理由に、通販サイトなどで格安の自転車を買うのは絶対に止めてください。サイクリングの世界では常識なのですが、自転車の価格と性能は比例します。つまり高いほどに性能も高いと覚えておきましょう。したがって格安の自転車を買っても、「安物買いの銭失い」に終わる可能性が高いのです。

次に多い失敗例が、「デザインだけで選んでいる」です。サイクリングを楽しむには、何と言っても自転車の性能がカギなのです。デザインだけで買ったり、あるいは「メーカーが有名だから…」という理由は止めるようにして下さい。

初心者にとって、自転車を選ぶ最大のポイントは「軽さ」です(上級者でも同じですが…)。たとえば、日本国内で多く愛されている「GIANTエスケープR3」というモデルは、そこそこサイズが大きいのに「10.3キロ」しかありません。片手で十分に持ち上げられる重量でしょう。この軽さが推進力を生み、長い時間の走行でも疲れが出にくいのです。

もちろん店員さんと相談することもお忘れなく。相手は自転車のプロですから、実際にまたがってサドルの位置などを調節してもらい、疲れが出にくいように工夫してもらってください。

ただし、店員さんの中にはわざと高い自転車を勧めてくる場合もあります(ほとんどないケースですが…)。したがって予算を5万円~7万円と決めてください。初心者に適したモデルなら、この価格帯の自転車で十分なのです。そしてサイクリングに本格的にハマったら、その時にもっと高い自転車に乗り換えておきましょう。

最初は往復1時間ほどのコースを選ぶ

すぐに挫折してしまう方の典型例として、「慣れていないのに思いっきり走る」というものがあります。最初は初心者でも体力に余力が残るコースの方が良いのです。ポイントは、往復で1時間程度のコースでしょう。

専用のサイクリングコースがあれば良いのですが(河川敷などに多い)、なければ「自宅から普段は行かない方向」に注目してみましょう。

自宅近辺では雰囲気がありませんが、遠出をするのは初心者にオススメ出来ません。そして意外なことに、「普段、自宅から向かう方向はたいてい決まっている」と言えるのです。皆さんも想像してください。自分の家から、「そう言えば、この方向にはほとんど行かない…」という方角があるはずです。

そして地図を用意して、その方角から往復で1時間ほどのコースを確認するのです(10km~15km)。もちろん片道1時間ではなく、往復で1時間です。したがって片道30分ほどのポイントを確認して、「ここで引き返す」と事前に把握しておきましょう。

折り返し地点を事前に決めておくのは大切なポイントです。決めなければどこまでも行ってしまうのが初心者のクセであり、しかも今度は同じ距離を帰って来なくてはいけません。必ず折り返しポイントの確認は忘れないようにして下さい。

高低差がないコースを探してみる

サイクリング初心者にとって、長い距離の走行は疲れるものです。それと同じ程度に「高低差」も疲れを誘発します。したがって高低差の少ないコースを選ぶべきなのですが、どうすれば探せるのでしょうか?

そこでオススメしたいのが、ヤフーが提供している「ルートラボ」というサービスです。ユーザ参加型のサービスであり、サイクリングに適したコースの高低差などを知ることが出来ます。

また、実際に走ったコースの高低差を投稿することも可能なのです。自分で高低差を測る必要はなく、走ったコースを入力すれば自動的に高低差が計算される仕組みです。

いかがでしょうか?サイクリングを趣味として定着させるためのポイント、もう一度おさらいしておきましょう。

自転車選びのポイントを知る

最初は往復で1時間程度のコースにする

折り返し地点を事前に決めておく

ルートラボで高低差の少ないコースを探す

この4つを守っていれば、大きく疲れることもなく、自然と長い距離が走れるようになってきます。風を切って走る楽しみだけでなく、長く続けて健康維持にも努めましょう!