home

自分を表現する趣味とは?

自分を表現する趣味とは?</「知的な印象がする趣味」はたくさんありますが、「へぇ~、そんな趣味を持っているんですね♪」と驚きを与えられるものは少ないものです。神社・仏閣巡りも面白いですが、周りに驚きを与え、大きな注目を集める力はないでしょう(神社・仏閣巡りを否定するわけではありませんが…)。

そこで知的な印象を持ちつつも、「ちょっと変わった趣味」を紹介していきます。

心理学で相手を深く見抜いてみよう!

最近、この趣味を始められる方が増えているようです。心理学は、自分とは無縁の学問のように思えますが、実は色々な部分で活用されています。警察においては「犯人を特定する手がかり(プロファイリング)」として心理学が使われていますし、恋愛だって心理学で説明できる部分が多いのです。

また現在のストレス社会において、ストレスを軽減して心の健康を追い求める心理学も人気です。自分磨きはもちろん、仕事の幅が広がる効果も期待できるでしょう。

心理学を趣味として勉強されている方によると、「コミュニケーションを円滑にしたい」という理由が多く聞かれます。趣味は出来るだけ仕事から離れた分野を選ぶべきなのですが、コミュニケーションは仕事以外の日常生活でも大切であるため、主に社会人に人気となっています。

一般的には通信講座による勉強が多いため、「新しい趣味を通じて仲間を見つけたい」という方には不向きでしょう。どちらかと言えば、「自宅でじっくり勉強するのが苦にならない人」に向いていると思います。

また、覚えた知識で相手の相談に乗ってあげることも可能です。知識をひけらかすのは良くありませんが、何気なく女性の恋愛相談にのってあげれば、相手も心を開いて話してくれるでしょう。

自己啓発で相談に乗ってあげる方法とは?

この趣味を持つ方も非常に多いと言えます。自己啓発を簡単に説明すると、「自分自身を奮い立たせる方法」ということになります。

普段の仕事などで疲れている、とくに精神的にやる気が出ないと感じる方が、自分を奮い立たせるために自己啓発を始められるのです。さらに仕事以外の日常においても、何事にも積極的に参加する意欲が出てきます。

仕事だけの無機質な毎日に飽きている方にとって、自己啓発は日々の生活に刺激とアクセントを持たせる喜びを与えてくれるでしょう。

一般的にはセミナーへの参加、あるいは通信教育で受講される方が多いと言えます。したがって「新しい仲間」は見つけにくいかもしれませんが、セミナーの中には「集団カウンセリング」を行っているケースもあります。参加者が車座になって色々な会話をするのですが、そのような機会が設けられているなら仲間を見つけることも可能でしょう。

小説を執筆して自分を表現しよう

「小説家になりたい」と、一度は思ったことがある方も多いはず。今では、ネットで公開するなど表現の機会が増えており、自費出版のようにお金をかけなくても自分の作品を世の中に出すことが可能です。

まずはお気に入りの小説家の作品、あるいは気になっていた作品を「読み込む」という作業から始めると良いでしょう。

また「シナリオライティング」の講座を提供しているスクールもあるため、そこに参加して「物語の書き方」を勉強する方法もあります。もちろん通信講座での受講できますので、「ひょっとして、自分の作品が編集者の目に留まって…」なんてドキドキしながら公開するのも楽しいものです。

また、アマチュア小説家が集まるネット上のコミュニティにも参加しておきましょう。自分の作品を評価できるのは他人だけです。そこでの忌憚のない意見を素直に受け入れ、今後の執筆作業に活かすことも大切です。

カラーコーディネーター

以前は女性を中心に人気を集めていた趣味ですが、最近では男性で始められる方も増えています。カラーコーディネートは自分のセンスを磨くだけでなく、仕事にも行かせる趣味として注目を集めているためです。

「○○さん、センス良いですね♪」なんて言われたら、さりげなく「カラーコーディネートが趣味なんだ」と返しておきましょう。そこから女性との交流が始まることもありますし、「これだったら、○○色と○○色が良いんじゃないかな?明るい印象があるから、明るい君にピッタリだと思う」のように、その人の良いところを表現できるようなアドバイスをして下さい。

オーラソーマ

聞きなれない趣味ですが、100以上の色の組み合わせで深層心理を理解するものです。医療の現場で使用されることもあるのですが、今ではチョットした趣味として自分で楽しむ方も多いようです。

「この組み合わせを選んだなら、今の君はこんな状態」のように、女性を交えて楽しむのが良いでしょう。もちろん真剣なカウンセリングではなく、心理クイズを楽しむテンションで遊んで下さい。

いかがでしょうか?上記で紹介した趣味は、「自分を知る、相手を知る、自分を表現する」をテーマに集めたものです。また知識が身につけば、女性の注目を集められるものも紹介しています。

ただしあくまでも趣味であるため、「のめりこむ」のはオススメ出来ません。趣味は、のめりこむものではありません。楽しむものです。楽しんでこそ長続きしますし、長続きしてこそ深く身に付くと言えます。

通信講座で受講するものが多いため、新しい仲間を見つけるのは難しいかもしれませんが、仕事の後、疲れた脳をリフレッシュさせる勉強を楽しんではいかがでしょうか?