home

語学が広げるあなたの世界!

語学が広げるあなたの世界!語学を趣味として始める場合、まず思いつくのが「英会話」でしょう。英語が話せるのはカッコいいですし、ビジネスでも役に立つことが多いためです。しかし英会話講師(日本人)によると、「スクールに通っても上達する可能性はあまりない」のだそうです。

では、どうすれば英会話やその他の語学をスムーズに上達させられるのでしょうか?ここでは、語学の賢い身につけ方と語学をもっと広い意味で考える方法を紹介します。

語学は才能である

多くの英会話講師が口をそろえて言う言葉に、「語学習得は才能である」があります。言語を頭の中で処理するスピードや能力は、生まれながらの才能が80%以上を占めるようです。

したがって、「いくら勉強しても上手くならない…」のであれば、語学の習得を諦めた方が良いかもしれません。また日本人英会話講師の多くは、「語学の才能がなくても、必ず別の才能がある」とも言っています。つまり上達の見込みが低い語学習得に執着するのではなく、もっと別の才能を伸ばした方が良いでしょう。

目安は、1年以上スクールに通っても「同じミスの連発が直らない」というレベルです(週に1回、1時間のレッスンを受講した場合)。1年以上たっても同じミスが直らないのであれば、諦めた方が得策と言えるのです。

才能がある人でも習得は難しい

冷静に考えて下さい。週に1回、1時間のレッスンを受けたとしても、残りの時間の全てを日本語で過ごしているのです。週に1回の筋トレでムキムキにならないのと同じで、この程度の練習量では絶対に上達しません。

お金に余裕があるなら週に2回、2レッスン以上を受講して練習量を増やしても良いのですが、金銭的に厳しい場合は「練習不足」を解消しなければ絶対に上達しないのです。つまり、たとえ才能がある人でも日本国内で語学を習得するのは難しいということです。

では、どうすれば練習不足を解消するのか?一言で言えば「たくさん話す」なのですが、英会話であれば「オンライン英会話とスクールの併用」がオススメです。スクールで新しいことを学び、格安のオンライン英会話で練習するのです。目安は、スクールは週に1回、1時間のレッスン。オンラインでは毎日30分程度のレッスンがオススメでしょう。

格安のオンライン英会話の場合、サービスに色々と不備があるのは確かですが、1レッスン30分程度で数百円という場合もあります。これなら毎日練習しても金銭的な負担は抑えられますので、ぜひ「スクールとオンラインの併用」をキーワードに練習不足を解消してください。

聞く・話すだけが語学ではない

会話によるコミュニケーションだけが語学ではありません。読み書きによる交流も、立派な語学習得なのです。

しかし不思議だと思いませんか?私たちは学校であれだけ読み書きをやっているのに、なぜか英語を満足に読むことすら出来ません。

いくつかの要因が考えられますが、1つは「単語帳で勉強している」という点が挙げられます。テスト勉強用に小さな単語帳で勉強したことがある方も多いですが、あれでは1つの単語につき1つの意味しか覚えられません。しかし1つの単語にたくさんの意味があるケースも多く、その部分へのケアが薄い英語教育の中で育った私たちは、少しでも「習った以外の意味」で単語が出てくると混乱するのです。

また、最近では一般的ではないのですが、昔の英語教育では「英文は後ろから訳せば良い」というものがありました。ダメです。言語は言語であり、暗号ではありません。ちゃんと前から読んで意味が分かるようになっているのです。

別の言葉で言えば、「日本語を勉強している外国人は、後ろから日本語を読んでいるのか?」ということになります。答えはもちろん「NO」であり、愚直なまでに前から訳すようにして下さい。最初は読むスピードの遅さにイライラすることもあるでしょうが、数カ月もすればその苦しみも和らいでくるはずです。

最終手段、ネイティブの彼氏・彼女を作る!

よく聞く話ではありますが、国内にいながら語学をマスターするのに最善の方法はその言語のネイティブ、母国語として話す人と付き合うことだと言われています。まずアプローチするのに語学力がいるじゃないか!と思われるかもしれませんが、相手も日本語を学びたいと思っているのであれば、最初は身振り手振りだってなんとかなるものです。

たどたどしい言葉を用いて、一生懸命にコミュニケーションを取ろうとするのはお互いの距離を縮めるのにとてもいい環境です。語学力は後からついてくる、と割り切って積極的にアプローチするのが吉、といってもいいでしょう。ただ、現実には男性の場合外国人女性とのセックスに関する不安もお付き合いをためらわせる大きな原因となっているそうです。特に身体の大きな欧米系の男性と下半身のモノを比較されてがっかりされるのではないか・・・というのが心配だというケースが多いのだとか。これだけ国際結婚しているカップルが多いのですからあまり気に病む必要はないと思いますが、不安がストレスとなってED症状を引き起こすこともありますから、心配ならバイアグラに頼ってみるのもいいでしょう。もうすぐジェネリック品が販売されるようですから、今までより安い価格で入手できるようになるはずです。それで自信をつければ、ピロートークも外国語で流ちょうに・・・なんてことも夢ではありません。ED治療薬のジェネリックについて⇒https://www.hama1-cl.jp/viagrageneric/

手話を始められる方が多い

「語学習得」という意味では盲点かもしれません。しかし手話も立派な語学の1つです。最近では主婦を中心に手話を始められる方が多く、聾唖者(ろうあしゃ)の支援を目的とした施設も各都道府県に設けられています。

ぜひ、その施設のホームページをチェックしてみましょう。支援を目的として年会費を払えば、無料で手話講座が受けられる場合もあります(けっこう多いです)。これなら年会費を払うだけで手話が習い放題ですし、新しい仲間も増えるはずです。

日常生活の中で障害者と接する機会は決して多くありませんが、このような機会を通して支援に役立ち、また新しい仲間を見つけて手話を趣味として楽しんでみましょう。

いかがでしょうか?「語学」というテーマに関して、習得に役立つ情報や「手話を習う」という選択肢を紹介してきましや。

上記で述べた通り、最近では手話を始められる方が増えており、仲間内でイベントを行うなどのケースもよく見かけます。また、英語をはじめとする語学や手話の資格もあるため、資格取得を1つの目標として頑張ってみるのも面白いでしょう。資格の取得は、まさに「努力の証」であるため、合格通知が届いたら本当にうれしいものですよ!