home

魚たちの楽園を再現するアクアリウム

アクアリウム お祭りでおなじみの金魚すくいや、めだか、亀など多くの人が、水辺の生き物を1度は飼育した経験があるでしょう。魚の飼育は水槽の中に水を入れ、毎日エサをやりながら魚の成長を見守るというのが楽しみでした。

アクアリウムも、金魚やめだかを始めとした、水辺の生き物を飼育することのみを指していました。しかし、アクアリウムは、水辺の生き物を飼育する環境、つまりは水槽を美しく整えることも魅力となってきたのです。

クリエイティブなレイアウトを楽しめる

水槽を美しく整えると言われても、イメージしにくいかもしれませんね。昔から、魚の飼育のためにはこまめに水を替えて清潔に保つことで、魚の美しい姿を観察するのが基本でしたから。

アクアリウムとは、平たく言うと水槽のデコレーション。魚が生活する水槽の中に、水草や石、砂などさまざまなものをレイアウトして、小さな世界を作るのです。

水族館の水槽を、イメージしてみてください。水族館の、特に熱帯魚の水槽は、多くの場合、白い砂と珊瑚と、水草で美しく整えられています。日光を連想させるライトに照らされれば、まるでその熱帯魚が泳いでいた海を切り取ったかのよう。アクアリウムは、限られた空間の中に自然を使って、独自の世界を作り上げます。

ただ亀を飼育したい、鑑賞したい、というだけであれば必要なのはポンプと濾過器だけ。しかし、そこに流木や石、水草などのこだわりの品をレイアウトすれば、そこはあなただけの世界ができあがります。水中の柔らかな光に包まれながら、ゆらゆらと水草が揺れる様子は、眺めているだけでも安らぎを覚えられます。

魚に対して緑を多めの環境にすれば、水槽の中で自然と同じようなサイクルが生まれます。老廃物を食べる魚、二酸化炭素を酸素に変える植物のバランスが釣り合うので、ポンプの用意や水の取り替えの必要がほとんどなくなります。

手入れを簡単にするために、ある程度の植物や光は必要ですが、後は何をどんなレイアウトで入れても自由です。フィギュアなどの自然界に存在しないものを入れると、個性が光る世界観になりますし、極端な話、魚を飼育する容器も水槽である必要もありません。

実際、ただ水と魚を入れるだけでも絵になる個性的な水槽やボトルも数多く販売されています。限られた空間の中は、まさに何もない空白地帯。練りに練ったレイアウトで、どれだけ眺めていても飽きない、魚たちの楽園を作ることがアクアリウムの醍醐味です。

魚とのコミュニケーションを楽しもう

空間をレイアウトするのもアクアリウムの楽しみの1つですが、魚たちとのコミュニケーションも魅力なのは言うまでもありません。水族館に限らず、駅やショッピングモール、ペットショップなどで、アクアリウムをよく見かけるようになりました。

美しく整えられた水槽の中を優雅に泳ぐ熱帯魚に、安らぎを覚えた人も多いでしょう。短時間にちらりと見るだけでもこれだけ魅力的なのですから、飼育し同じ屋根の下で暮らすようになれば、愛着がわき、さらに可愛らしく感じます。

じゃれるように固まって泳ぐ様子や、水草の陰に隠れて控えめに振る舞う様子は、飼育していなければ見られません。さらに長年飼育していると、金魚や淡水フグのように近づくと寄ってきてくれる種類もいます。

また、アクアリウムは水草と魚たちのバランスを取ることで、お互いのコンディションが良くなり、成長が促されます。水草であれば青々と茂り、ペアで飼育した魚からは稚魚が誕生するかもしれません。こうした思いがけない変化も、自宅のアクアリウムならではと言えます。

ただし魚たちは生き物。飼育し始めは小さく愛らしくとも、数年後には飼育に支障が出るほど大きく成長することもあります。飼えなくなった生き物が不法投棄され、周辺環境に影響を与えるのはよく問題になっていますよね。生態系に影響を与える生き物は、定期的に捕獲され処分されます。飼い主の身勝手で処分される生き物たちはたまったものではありませんし、愛情もって育てた生き物が自分のせいで殺されるのは、人としても良い気分ではありません。

今はインターネットであらゆることが調べられます。実際に購入する前に、成長しても飼育可能なサイズか、天寿を全うするまできちんと飼育できるかどうか総合的に判断して、計画的に家にお迎えしましょう。