home

黙々と趣味に没頭してみよう!

黙々と趣味に没頭してみよう!部屋にこもって黙々と趣味に没頭する姿は、家族からすれば「ちょっと変…」と思われるかもしれません。しかし、大人の男性だからこそ趣味に没頭する姿はカッコいいのです。そんな大人の背中が渋い趣味を紹介していきます。

プラモデル

大人のプラモデルをナメてはいけません。おそらく、皆さんが想像される以上のスケールであり、「本格的」という言葉がぴったり当てはまるでしょう。

大人の男が黙々と作業している姿は、家族からすれば「変な人…」となるかもしれませんが、周りからすれば「良い趣味ですね」と好意的に受け止められるでしょう。

プラモデルと言えば、40代以上の方が子供の頃にハマった趣味かもしれません。夢中で作っていた記憶がある方も多いでしょう。そのような方が大人になって、「もう一度、あのころを思い出して」という感じで始める場合が多いのです。

それにプラモデルは、本格的なものは数万円以上しますが、以外とお金のかからない趣味です。出来上がった作品を携帯のカメラで撮影して、職場で自慢するのも面白いでしょう。プラモデルに縁がない方が見れば、「こ、こんなに本格的なの…」と驚かれるのです。

グラフィックデザイン

大人の男性には、大人の男性にしかない感性があります。若年層の方は「最先端の感性」を持っておられますが、大人の感性は「時間をかけて練り上げられた感性」なのです。しかし日常生活ではそれを発揮する機会が少なく、せっかくの渋い感性も眠ったままになっていることが多いでしょう。

その場合は、ぜひグラフィックデザインを始めて下さい。自分の感性を1つのテーマにまとめ上げ、目で見えるデザインとして完成させるのです。

もちろんビジネスでも役に立ちます。名刺のデザインやウェブサイトの構築など、これらの場面でグラフィックデザインのスキルは大きく役立ちます。

また、「完成したデザインをステッカーにして、ネットで販売している」という方もおられます。せっかく習得したスキルなので、ぜひ発表の場を探して楽しみましょう。ただし没頭すると時間を忘れる趣味でもあるため、寝不足にはご用心を。

塩ビ管スピーカー

意外な人気を集めているのが「塩ビ管スピーカー」です。住宅の「雨どい」などに使われる「塩化ビニールの管」ですが、これを組み合わせてスピーカーを製作するのです。角度、本数、太さなどによって無限のバリエーションを音に持たせる音が出来ます。

1本あたりの値段は安いですが(ホームセンターで買えます)、複雑に組み合わせると「そこそこの出費(数万円)」になると思います。なお、ビニール管の加工はホームセンターで行うこともできます。

ちなみに、細い塩ビ管を組み合わせて小さなスピーカーを作り、キャンプ場で使う方もおられます。周りの注目を集めること間違いないでしょう。

配線などに詳しくない方でも安心です。ネットで「塩ビ管スピーカー 作り方」で検索すれば、マニア自慢の作品をたくさん発見できるはずです。作り方も詳しく掲載されているので、それを頼りにチャレンジしてみましょう。

書道

心を落ち着かせる効果があるのはもちろんですが、「キレイな字を書きたい」という男性に人気です。最近では通信講座による講座、あるいはボールペン講座もあるため、自宅に居ながらにして習得することが出来るでしょう。

また姿勢が良くなることから、女性にも人気の趣味となっています。道具は硯(すずり)や筆、墨など全て集めても1万円程度です。

コーヒー

静かに人気を集めている趣味の1つです。黙々とコーヒーをいれる大人の男性の後ろ姿は、やはりカッコいいものです。自宅で、あるいは職場で家族や同僚に振る舞ってみましょう。

知識がない方でも安心です。コーヒーメーカーやコーヒー協会のホームページをチェックしてください。定期的にコーヒー講座を開催しており、そこに参加してアレコレを学んでみましょう。コーヒー豆のブレンドの種類は無限大です。ぜひご自身の好みに合わせてオリジナルコーヒーを作って下さい。

点字

ボランティア意識が高い方にオススメです。縦3×横2の突起で文字を表現する、視覚障害者のためのコミュニケーション方法です。

以前は専用のタイプライターを購入することが必要でしたが、今ではパソコンソフトが販売されています。さらに視覚障害者の支援サークルなどで講習会も行われており、数千円程度の参加費で展示に触れることが可能です。

習得にはかなりの訓練と勉強が必要ですが、ぜひ身に付けたスキルで社会貢献をしてはいかがでしょうか?

いかがでしょうか?「一人で黙々と」をテーマに、いくつかの趣味を紹介してきました。「コーヒーを趣味にする」は、発想としては面白いでしょう。これまで「楽しむもの」というイメージでしたが、「趣味として自分にあったコーヒーを目指す」という方も多いのです。

また大人用のプラモデルも多く販売されており、「子供のオモチャ」とは程遠い本格的な製作を楽しむのも良いでしょう。

点字のスキルを習得された方の場合、「点字の小説を、目を閉じて指でなぞり、その世界を想像しながら読むのが楽しい」と言っておられます。もちろんボランティアでも役に立つ趣味なので、ぜひ何か新しいことを始めてみましょう!