home

ビリヤードでカッコ良い男をアピール

ビリヤード ダーツと並んで、オシャレな趣味の代名詞であるビリヤード。最近はわさわざビリヤード場に通わなくても、カラオケやネットカフェに併設されることが増え、昔よりもずっと気軽に楽しめるようになりました。カラオケやネットカフェの順番待ちの間にちょっとやってみよう、と挑戦して次第にハマっていく人も少なくありません。

意外と始めやすいビリヤード

実は、ビリヤードは20代から60代と幅広い年齢層に愛されています。冒頭で紹介したように、カラオケやネットカフェ、バーでも併設されるようになり、ビリヤードが身近になったのが、幅広い世代に支持される要因の1つと言えるでしょう。

ビリヤードはごくシンプルに言えば、キューと呼ばれる長い棒を使って、特定の球を突いて狙った球をポケットという穴に落とす球技。長い棒を駆使するからか、球を動かすことすら難しいイメージですが、そんなに技術が必要となるスポーツではありません。何度か練習するだけで、球の突き方も理解し、ある程度プレイが形になります。

ビリヤード場であればスタッフが熟練者ということもよくあるので、空いているときに行けばスタッフからルールやコツを聞くこともできるでしょう。そして、ビリヤード場は多くの場合、キューからボールに至るまで基本的な用具が一式用意されています。道具をレンタルしても1時間500円ほどでプレイを楽しめるので、気軽に始められるのも魅力です。

とは言え、コツを掴めばすぐプレイできるようになる一方で、意外と奥が深いのもビリヤードの特徴。毎回思った通りに球が動かせる訳ではありませんし、他の人のターンで予想外の展開となることも。先を読んで戦略を練る必要がある一方、その場その場で臨機応変の判断が求められます。作戦を実現するためのテクニックも必要ですが、思考力も使うスポーツなのがビリヤード。体力ばかり使うのはイマイチ楽しめない、という人にはぴったりです。

ビリヤードでコミュニケーションを円滑に

ビリヤードは、頭を使うオシャレなスポーツと言う魅力がある一方、コミュニケーションの側面でも魅力があります。というのも、ビリヤードは1人でもできますが、ゲームをするなら2人以上の人数が必要です。複数の人とビリヤードする場合、1人がプレイしている間、他の人は他の人はビリヤード台に注目しながら会話を楽しみます。

1時間2時間とプレイしながらじっくりと会話を楽しんでいるうちに、あまり親しくなくても距離が縮まるのです。男性同士であれば友情が深まり、異性であれば恋心が芽生えるかもしれません。

バーでビリヤードができる店舗なら、ビリヤードをしながらお酒を楽しめる場所も珍しくないので、親密になりたい女性がいれば、ビリヤードができるバーでデートというのも素敵ですね。真剣な顔でビリヤードするカッコいい姿も見せられるので、女性にアピールすることもできます。

バーであれば、会話と一緒にお酒も進むので、まさに女性を口説くにはぴったりの場所です。夜から営業を始めることがほとんどなので、自然に遅い時間のデートに誘えます。

既にある程度距離を縮めている段階であれば、ビリヤードバーでさらに良い雰囲気になり、そのままホテルに行く可能性も0ではありません。そんな状況でEDの心配があれば、スマートにエスコートできず、女性をがっかりさせてしまいます。備えあれば憂いなしの精神で、ED治療薬を服用しておくのもオススメ。世界的に利用者が多いバイアグラも、ジェネリック医薬品が販売され始め、より利用しやすくなりました。ビリヤードで意中の女性にアピールするなら、用意しておくとより積極的にアプローチできるでしょう。