home

他人に1歩差をつける趣味がほしい人は乗馬にチャレンジ

乗馬 中年になってから新しいことを始めようと思うとき、少しは自慢もできる趣味がほしいと男性は考えます。 乗馬は、他人と一味違う趣味がほしいという人にはお勧めの趣味です。 乗馬には高級感があり、社会的に余裕のある男性にはふさわしいスポーツです。

実際は場内で軽く馬に乗るだけでもかまいません。動物と触れ合い、自然の中で風を切る体験は、仕事で多忙な男性にとっていいストレス解消になるはずです。筋力が必要なスポーツでもないので、いくつになっても続けられるというメリットも乗馬にはあります。

目標がないとやる気がおきないという男性もいるでしょう。向上心の強い男性の場合は、乗馬ライセンス取得を目指してみるという方法もあります。努力した分だけステップアップできるのがわかると、ただ馬に乗るよりもやりがいを感じることができます。

体力に自信のない人でも乗馬なら問題ありません

馬に乗るときに、体力はあまり必要ありません。デスクワークばかりで、体のコンディションに自信のない男性にも安心してチャレンジできるスポーツが乗馬です。 強い力は必要ないのに、馬に乗っていると立派な有酸素運動ができます。

馬が歩くときには、動物の筋肉の動きに合わせて背中が左右に揺れるものです。この上に跨りながら、落ちないようにバランスを取る動作が自然な全身運動になります。無意識のうちに、体幹が鍛えられる運動をしているといってもいいでしょう。

安全にかっこよく乗馬をするには、正しいフォームも覚えなければいけません。馬上で姿勢に気をつけていると、自然と背中が伸びます。乗馬を続けることで、無理のない腹筋、背筋運動ができるでしょう。

馬に跨った状態が続くので、膝や腰への負担も軽くて済むという大きな利点も乗馬にはあります。ジムで習えるエアロビクスなどの有酸素運動では、関節にも大きな衝撃がかかるのは避けられません。 乗馬は、健康が気になりだした熟年世代にこそふさわしいスポーツです。

本格的な趣味にするには乗馬クラブへ入会しましょう

馬に乗って自然の中を闊歩するのは気持ちがいいものです。気分のリフレッシュや、軽い運動だけが目的なら、指導員に馬を引いてもらう引き馬でも十分満足できるでしょう。

自分で馬を操る本格的な乗馬がしたい男性は、乗馬クラブへ入会してみてください。高級なイメージがありますが、入会するときに特別な規制はありません。各地の乗馬クラブでは常時一般会員を募集しています。

ただクラブによって、雰囲気がいろいろと違うことはたしかです。完全会員制で、関係者以外はまったく馬場に立ち入れないところもあれば、1日乗馬体験や見学を受け入れているオープンなクラブもあります。

乗馬を本格的な趣味にするには、クラブの指導は欠かせません。自分の通いやすい雰囲気のクラブを探して、長くつきあっていけるようにしましょう。 クラブ会員になれば、乗馬方法を基本からマンツーマンで丁寧に習うことができます。

初心者の人でも1人での騎乗はもちろん、ジグザグ歩行、障害物越えるまでできるようになるでしょう。馬に乗る楽しみがわかるようになったら、乗馬を一生の趣味にする優雅な中高年になることも可能です。

目標を持ちたい人は乗馬ライセンス取得を目指しましょう

目に見える形で成果が出ないと、どうもやりがいを感じないという男性もいます。目標を持ちながらレッスンをしたい人は、乗馬ライセンスの取得を目指しましょう。

乗馬ライセンスの正式名は、乗馬技能認定です。全国乗馬クラブ振興協会が作っている認定制度で、1級から5級まであります。試験内容は筆記と実技です。3級以上はそれなりの難関なので、チャレンジすることが好きな男性にはこれはやりがいのある制度でしょう。

試験の課題に取り組むことで、安全で健康効果の高い乗馬技術を順序よく身につけることができます。自分の乗馬スキルの上達具合をはっきりと知りたい人にも、このライセンス制度は便利なものです。 乗馬で必要なスキルとは、馬に騎乗する技術だけではありません。

馬とのコミュニケーションの取り方はもちろん、鞍を自分で載せるなどの馬具のセッティングや手入れが適切にできるかどうかもスキルに含まれます。乗馬の基本は、動物と息を合わせて行動することで、馬に自分を認めてもらうことだからです。

目標を達成するために、ただひたすらがむしゃらにがんばってきた男性には、これはなかなか難しいプロセスかもしれません。自分のやり方を押し付けず、馬を対等に扱ってあげる心遣いが必要だからです。

反面、それまで部下の育成に携わってきた男性なら、そのときの経験をここでも生かせるかもしれません。乗馬での馬とは、自分にとっての部下のようなものです。馬の信頼を得るにはどうすればいいかと考えられる男性なら、乗馬も早めに上達するでしょう。

乗馬はただセレブ感があるだけのスポーツではありません。ある程度の人生経験のある年齢の男性には、乗馬はとても奥の深いスポーツだとわかるはずです。

こうした試行錯誤の結果を確認する意味でも、ライセンス取得へ定期的にチャレンジしてみましょう。