home

中年以降の健康を意識する人に!男性にお勧めの趣味バレエ

バレエ バレエは女性が幼いころから始めるお稽古ごとというイメージは、最近は急速に変わりつつあります。

今はほとんどのバレエ教室で、成人向けのクラスを用意しています。それも成人女性用ばかりではありません。中高年男性でも参加できるクラスや、男性専門クラスを用意している教室やスクールもあります。

バレエの動きが注目されているのは、中高年以降の男性に必要な、体の柔軟性や清潔感のあるきれいな姿勢を作ることができるからです。

バレエは簡単なレッスンでも、体幹をしっかりと鍛えることもできます。体の深部の筋肉がしっかりすると、無駄な脂肪もなくなり、ダイエットまでできてしまうことに気づくでしょう。

中年期以降の健康のためにはバレエが効果的です

いまや長生きは珍しいことではなくなりました。現代の中年にとって考えなければいけないのは、どれだけ健康なままで長寿を達成できるかということです。

中年は人生の真ん中に来たにすぎません。後半生を健康で元気なまま過ごすための趣味を、この時期に始める必要があります。

中年男性に関心を持ってほしいのがバレエです。バレエはただの舞踊ではありません。この基本動作を繰り返すことで、人間の体が失ってゆく柔軟性や筋力を中高年の人でも無理なく取り戻すことができます。

柔軟性が高く筋力のバランスのいい体の中では、新陳代謝も活発に行われています。将来の寝たきりや成人病を予防するうえでも、バレエはすばらしい効果を発揮するでしょう。

バレエの基本姿勢では、直立した状態でつま先をできるだけ外側へ開きます。両方のつま先の角度が180度になるまで開くのが理想です。初心者の男性なら、できるところまで開くようにするだけでもいいでしょう。

この姿勢だけでも、股関節のストレッチになります。 レッスンでは、この姿勢から膝をゆっくり曲げるプリエという動作を、かならず繰り返すでしょう。この動きは、股関節を中心とした下半身の柔軟性を高めるための準備運動です。

準備運動として、このほかにも何種類かの動作を行います。これらをひと通り終えるころには、長年の運動不足でカチカチだった人の筋肉でもほどよくほぐれているはずです。

この後にパ・ド・プレやピルエットなどの大きな動きのある基礎レッスンに入ります。どの動きも、上半身をしっかり伸ばしていないとできません。体の奥の筋肉がしっかりして、いわゆるコアが鍛えられる状態ができるのは、バレエ独特のこの動きによるものです。

バレエの基礎では、こうした簡単な動きを中心に繰り返すことになります。運動嫌いな男性でも、健康体操のような気分で続けられるはずです。

バレエを始めると姿勢や動作が美しくなります

バレエを始めると、姿勢にかならず変化が出てきます。上半身が正しい角度で保たれ、腰と背筋がきれいに伸びた姿勢が少しずつ続けられるようになるはずです。

この姿勢を続けるうちに、背筋と腹筋を日常生活の中でつねに緊張させておく習慣も身についていくでしょう。

中年男性によく見られる、猫背やぽっこりと出たお腹も解消できるわけです。

姿勢がきれいになると、すべての動作がきびきびとして、所作まで美しく見えるようになります。働き盛りの男性にとって、雰囲気にこうしたいい変化が見られるのはすばらしいことです。

若い人たちが中高年の人たちを見て気になるのは、動きの鈍さやだるそうな動作だといいます。腰から頭の先まですっと伸び、はつらつとした動きを見せる中年男性はめったにいません。

それだけに姿勢のいい人は、他の同僚たちの中でひときわ目立ちます。接客で相手に与える印象は間違いなく変わりますし、ビジネスでもいい結果が出ることもあるでしょう。

レッスンを続ければ、バレエダンサーほどではなくても、姿勢と動きで注目させられるような体つきに変わっていきます。老いに向かう年代の男性が、かえって若々しい体を手にいれられるのはすばらしいことです。

男性向けクラスならバレエも恥ずかしくありません

バレエが健康によく、外見もかっこよく変えるとわかっていても、人前で踊るなんて恥ずかしくてできないという男性は多いでしょう。

最近はほとんどのバレエ教室で、成人向け教室を開催しています。どうも照れくさいという男の人の意見を取り入れて、男性専用クラスを設置する教室も増えてきました。これなら中高年男性でも通いやすいのではないでしょうか。

バレエ教室の華やかな雰囲気が苦手という人もいるかもしれません。こうした男性は、スポーツクラブのプログラムを探してみてください。近頃は、バレエの健康効果に注目して、男性向けバレエクラスをはじめるスポーツクラブもあります。

スポーツクラブならストイックな雰囲気なので、男性も恥ずかしがらずに参加できるでしょう。

レッスン中の服装は、動きやすいジャージでもかまいません。プロのバレエダンサーを目指すわけではないのですから、服装に決まりはありません。恥ずかしくないように、体の線の見えにくい服を選ぶほうがいいかもしれません。

男性向けクラスの場合、レッスン内容はバーレッスンが中心になるでしょう。

このレッスンは、バーを掴みながら基本動作を繰り返すものです。音楽を流しながら練習はしますが、あくまでリズムをとるためで、実際に踊ることはまずありません。

バレエレッスンなんてとんでもないと思っていた男性でも、これなら恥ずかしくないと思うのではないでしょうか。興味が出てきた男性には、ぜひクラスの見学をしてみてほしいと思います。